閉じる

初回31日間無料

会員プランお申込み

チラシなどに記載されている申込コードを
お持ちの方は入力してください。

入力されたコードが間違っています。再度入力してください。



トップ > コラム > 理想の家電の見つけ方(電気炊飯器)

省エネ

2017年04月20日

理想の家電の見つけ方(電気炊飯器)

「外食よりウチで食事」といったウチ食・ウチ飲みの増加に伴い、キッチン家電への注目度が高まっています。中でも電気炊飯器は、各メーカーが構造や炊き方に工夫を凝らし、ごはんの美味しさを追求した製品が続々と登場しています。「そろそろ買い替え時期だけど、種類が多くて迷ってしまう」という方、ご家庭にぴったりの理想の炊飯器を一緒に見つけましょう。

家電トレンド

美味しい炊きあがりを求めて進化は続く

「お米を美味しく炊く」。この普遍のテーマを追求し、炊飯器は年々、進化しています。炊飯器は一度購入すると10年は持つので、買い替え時には、あまりの進化ぶりに驚くことも。最近の炊飯器をチェックするうえで重要なポイントは「内釜の形と材質」「炊飯方式」、この2つです。

昔なつかしい「かまど炊き」をヒントにした「羽釜」

内釜については、各メーカーが競って独自開発をしていますが、多くに共通しているのが「羽釜」というものです。昔なつかしい「かまど炊き」をヒントにしたもので、内釜の外側に羽根のようなリングをつけることによって、下部の熱を上に逃さず、かまどのような高火力を実現します。一方、材質は、熱伝導率や蓄熱性の高いものに人気が高まっています。鉄釜、銅釜、備長炭入りの釜、土鍋など、機種によってさまざま。それぞれ特徴があるので、内釜の材質をしっかりチェックしましょう。

〈内釜の主な材質〉

鉄釜

発熱性が高く、ステンレスに比べて強い火力を引き出すことが可能。蓄熱、断熱効果も高いがかなり重い

銅釜

釜全体を素早く均一に加熱でき、ステンレスや鉄よりさらに熱伝導率が高い

炭釜

熱伝導率が高く、遠赤外線効果によって短時間でムラなく加熱できる。衝撃に弱いため取扱いに注意が必要

土鍋釜

遠赤外線効果でゆっくりと熱が伝わり蒸らし効果があり、高い蓄熱性で冷めにくい。炭釜同様、衝撃に弱い

〈熱伝導率と蓄熱性の比較〉

  鉄釜 銅釜 炭釜 土鍋釜
熱伝導率
蓄熱性

炊飯方式は「IH式」が主流、
さらにスチームや圧力をプラスした進化版も

進化の2つめのポイントに挙げた炊飯方式については、かつての「マイコン式」から「IH式」が主流になり、最近は、内釜の内部に圧力をかけ100度を超える高温で炊き上げる「圧力IH式」が人気を集めています。お米の甘みやもちもち感を引き出すことができ、圧力の強さや圧力をかける時間を調整することで、やわらかめ~かためといった好みの食感だけにとどまらず、お米の銘柄に合わせて炊き分けるなど、炊飯プログラムのバリエーションも多彩になっています。

さらなる進化版として、仕上げにスチームでうまみをコーティングする「スチーム+IH式」や、加圧と減圧を繰り返して炊きムラを抑える「可変圧力IH式」なども登場しています。
また、かつて「白モノ家電」と呼ばれていた炊飯器ですが、家電全体のトレンドカラーの流れを受けてブラウンやレッドが主流になっています。また、今どきのすっきりしたキッチン収納を考慮し、炊飯時の蒸気をカットした蒸気レスタイプも登場しています。
内釜、炊飯方式、さらにインテリア性という視点で炊飯器をチェックすると、ライフスタイルに合った炊飯器に絞り込むことができます。

●美味しさキープのポイント!

パッキンを定期的に取り替えましょう

美味しくごはんを炊くには気密性が必須です。ゴムのパッキンが摩耗すると密閉度が下がるため、パッキンが弱くなったと感じたら取り替えをおすすめします。メーカー取り寄せとなるため、本体購入時にあらかじめ販売店で費用などを確認しておくといいでしょう。

〈炊飯方式と炊きあがりの特徴〉

マイコン式 

炊飯器の底の部分にあるクローム線ヒーターで内釜を加熱する炊き方。火力は弱めで、消費電力も少ない。

IH式 

電磁力ヒーターで加熱し、内釜自体を発熱させて、お米に熱を伝える炊き方。高火力で一気にムラなく炊くことが可能。

圧力IH式 

電磁力による「IH式」の加熱方法に、圧力によって沸点を高め、短時間で炊きあげる方法を組み合わせた炊き方。加圧と減圧を繰り返す「可変圧力IH式」は炊きムラを抑える。

スチーム+IH式 

内釜自体が発熱し、お米に熱を伝える炊き方に加え、仕上げにスチームを噴出してうまみをコーティング。

選ぶポイント

家族構成を目安にした炊飯量と好みの炊きあがりになるものを選ぶ

炊飯器を選ぶとき、重要なポイントが容量です。
5.5合炊きが標準的でラインナップも豊富ですが、ひとり暮らしやシニア世代向けの3合や3.5合といった少量炊きから、1升(10合)炊きの大容量まで幅広く揃っており、大型には高機能タイプが多くなっています。お米1合あたり茶碗2杯分を基準に、1日何回炊くかも踏まえて、家族構成に合った容量タイプを選びましょう。
好みの炊きあがりは、家電トレンドの〈炊飯方式と炊きあがりの特徴〉を参考にしてください。

タイプ1 育ち盛りの子どもがいる家族
三世代で暮らす家族

8合~1升炊ける大容量モデルがおすすめです。朝からしっかり炊いてお弁当と朝ごはん、さらにはシニア世代のお昼ごはんまで用意できます。お弁当の冷めた状態でも、また保温しても美味しく食べられる機能も選ぶ際の目安です。

タイプ2 新婚夫婦・カップル

いずれ家族が増えることを想定し、5.5合炊きをおすすめします。お米を洗ってすぐスイッチを入れても美味しく炊ける機能や、真空技術で保温後も美味しく食べられる機能が搭載されたものが、忙しい奥さんの朝晩の良きサポーターになりそうです。

タイプ3 ひとり暮らし

ひとり暮らしには3~3.5合炊きをおすすめします。炊飯と同時におかずも作ることができる機能や、パン作り機能が搭載されたタイプなら、手間をかけず食生活に変化が生まれて便利です。

タイプ4 シニア世代の夫婦

少量でも好みの炊きあがりに調節できる機能を搭載した2合~3合炊きがおすすめです。おひつが熱源部分と分離構造になったタイプなどは、炊きたてごはんを食卓まで軽々と持ち運べることができ、生活動線がコンパクトになったシニア層にぴったりです。

省エネ・節約

今すぐ実行!炊飯器の省エネ術

エコ炊飯コースor早炊きコースで炊く

メーカーごとに、電気使用量を抑えるための省エネ仕様があります。早炊きコースは、炊飯時の消費電力は標準コースと変わりませんが、炊飯時間が短縮される分、消費電力量を抑えることが可能です。

まとめて炊く

食事のたびに炊飯するより、まとめて炊いたほうが省エネです。

残りごはんは冷蔵庫や冷凍庫で保存する

炊飯器で長時間保温するより、冷蔵庫や冷凍庫で保存して、食べるときに電子レンジで再加熱すると省エネ・節約につながります。

炊飯器を使わないときは、コンセントを抜く

コンセントを差したままにしていると待機電力がかかります。使い終わった後に、コンセントを抜く習慣をつけると待機電力の省エネ・節約になります

注目製品

今、注目の電気炊飯器をピックアップ

東芝/備長炭かまど本羽釜 RC-10ZPK 5.5合 備長炭入り 圧力IH

羽釜の形と真空技術で、「かまど炊きの味」に

遠赤外線効果のある備長炭の羽釜に加え、独自の真空技術でふっくらもちもちの「かまど炊きの味」を実現。本体に内蔵された真空ポンプが内釜の中の空気を吸引し、お米を美味しく炊くために欠かせない吸水時間を削減。炊き上げ後は内釜内の空気を出して密閉させ、水分の蒸発やごはんの酸化・黄ばみを抑えます。

●仕様
方式/真空圧力IH(0.6~1.2気圧) 内釜/外面:備長炭入り遠赤外線コート 内面:ダイヤモンドチタンコート 保温時間/真空保温 白米40時間(ecoモード保温12時間)
●スペック
容量/5.5合炊き(1.0L) サイズ/(外側寸法)274×364×248mm 使用目安/消費電力:1,420W 1回あたりの炊飯時消費電力量:196.7Wh(ecoモード) 1回あたりの炊飯時電気料金/約5.3円(ecoモード) 色/グランホワイト、グランブラウン

パナソニック/Wおどり炊き SR-SPX106 5.5合 ダイヤモンド竈釜 スチーム&圧力IH

強力な熱対流と可変圧力で、おどり炊き

「高速交互対流」と、圧力をかけて高温加熱し、一気に圧力を抜いてかきまぜる「可変圧力」の相乗効果が、Wおどり炊きの大きな特徴です。これによってお米一粒一粒を均一に加熱でき、甘みやもちもち感を引き出します。さらに炊飯の最終工程で「220℃トリプルスチーム」を噴出し、うまみを封じ込めます。

●仕様
方式/スチーム&可変圧力IH 内釜/外面:ダイヤモンド竃釜 内面:ダイヤモンドハードコート 保温時間/スチーム保温(24時間)
●スペック
容量/5.5合炊き(0.09~1.0L) サイズ/(外側寸法)266×338×233mm(フタ開け時:高さ460mm) 使用目安/消費電力:1,210W 1回あたりの炊飯時消費電力量:161Wh 1回あたりの炊飯時電気料金/約4.3円 色/ルージュブラック、スノークリスタルホワイト

三菱/本炭釜KAMADO NJ-AW107 5.5合 炭 圧力IH

かまどごはんのおいしさを本炭釜で実現

純度99.9%、本物の炭から削り出された内釜は、職人が約100日を費やして完成させる本格的なもの。さらに、進化した羽釜形状と、吹きこぼれを防ぐ新二重内ぶた、新断熱構造によって、かまどのような激沸騰と大火力を実現。かまどごはんならではの、きわだつ粒感とみずみずしさのあるおいしさを忠実に再現します。

●仕様
方式/圧力IH 内釜/外面:炭 内面:ハードコート(3層)
●スペック
容量/5.5合炊き(0.09~1.0L) サイズ/(外側寸法)285×320×249mm(フタ開け時:高さ478mm) 使用目安/消費電力:1,370W 1回あたりの炊飯時消費電力量:162.3Wh 1回あたりの炊飯時消費電力量/約4.4円 色/プレミアムホワイト、プレミアムブラウン


取材協力

エディオン 名古屋本店

家電製品の豊富な品揃えはもちろん、専門性の高いコーナーも設けられたマルチな家電専門店です。中には、国内外の高級オーディオを扱う「ハイグレード・オーディオ」などの専門的なコーナーも。どの売場も専任スタッフがお客さまのご要望に丁寧に対応します。注目すべきは、最新家電を体感できるカルチャー教室「エディオンクラブ」。購入前の参考にしたり、購入後に使い方をマスターできたりと、商品活用に大いに役立ちます。参加費無料の講座や、親子や家族で参加できるプログラムも用意されています。

名古屋市中村区名駅南2-4-22 TEL 052-589-3500(代)
営業時間:10:00~20:00 定休日:不定休 駐車場:403台収容(無料)
http://www.edion.com

本コラムは中部電力のWEB会員サイト『カテエネ』で掲載したコラムをアレンジしてお届けしています。
カテエネ』では、「家電製品の省エネに関する素朴な疑問にお答えするコラム」など、
他にも暮らしに役立つ情報がたくさん!

おトクな情報満載の『カテエネ』もチェック!
このページのトップへ