閉じる

初回31日間無料

会員プランお申込み

チラシなどに記載されている申込コードを
お持ちの方は入力してください。

入力されたコードが間違っています。再度入力してください。


トップ > コラム > 理想の家電の見つけ方(洗濯機)

省エネ

2017年03月14日

理想の家電の見つけ方(洗濯機)

省エネや節水機能が数年前と比べて格段にアップしている洗濯機。新製品に買い替えるだけで、電気代や水道代の節約につながるのは大きな魅力ですね。その一方、種類が多すぎて「どう選んだらいいか分からない」という声も聞こえてきます。ぜひご一緒に理想の洗濯機を見つけましょう。

家電トレンド

「外干し」から「部屋干し」へ。ニオイや雑菌を気にする清潔志向も

花粉、黄砂、PM2.5(有害な超小粒子状物質)といった環境の変化、共働き世帯の増加による「夜カジ(夜に家事を行うこと)」化で「部屋干し」派が増え、その流れで乾燥機能に優れるドラム式洗濯乾燥機に人気が集まっています。
また、昔は「汚れたら洗う」でしたが、今はニオイや雑菌を気にして「着たら洗う」という清潔志向がとても強く、抗菌素材を使用したもの、洗濯槽自体をクリーンに保つ優れモノの洗濯機も続々と登場しています。

図:洗濯におけるニーズの変化

「白さや洗い上がり」を追求し、高い洗浄力を実現

清潔志向を受け、各メーカーは白さや洗い上がりを追求し続けています。シャワー方式、水循環の工夫、温水洗浄機能など、メーカーごとに機能は異なりますが、泥汚れ、黄ばみ、皮脂汚れにまで働きかける洗浄力の高さを競うようにアピール。
洗浄力が強化されるほど、心配なのは衣類への影響ですが、ドラム式洗濯乾燥機では、たたく、もむ、押すといった洗い方を組み合わせることで、ごわつきや黒ずみを抑えた仕上がりを実現。タテ型洗濯乾燥機も羽根部分を改良するなど、さまざまな工夫がこらされています。

ドラム式とタテ型、洗浄力に差はありませんが、ドラム式の乾燥のほうがふんわり仕上がるタイプが多いので、乾燥機をよく使用するご家庭にはドラム式がおすすめです。また、少ない水を効率よく使って洗うので、タテ型より大幅に節水できる点も魅力です。

進化するドラム式洗濯乾燥機

ドラム式というと、10年ほど前は「乾燥に5時間以上かかる」「仕上がりがゴワゴワする」などネガティブなイメージもありましたが、今では洗濯から乾燥まで約2時間まで縮まり、タオルなどもふわふわに仕上がるものがほとんど。洗濯乾燥機の省エネと時短は年々めざましく進んでます。

11年前のモデルと現行モデルを比較※ドラム式洗濯乾燥機(6kg)の同機種比(パナソニック)

年間電気代 → 17,049円ダウン 年間水道代 → 5,059円ダウン

乾燥方式の違い

乾燥方式 乾かすしくみ 特色 仕上がり 省エネ
ヒートポンプ乾燥方式
(ドラム式)

特色

ヒートポンプで湿気を含んだ空気を除湿し、機外に排出。約65℃の乾いた温風で衣類を乾燥します。

仕上がり

除湿器で乾かすようなふんわりとした仕上がりになります。

省エネ

水を一切使わず電気使用量も抑えられます。
ヒートリサイクル乾燥方式(ドラム式)

特色

運転時に発生する熱を回収し、乾燥時の温風に再利用することで、電気使用量を低減します。

仕上がり

温風で乾かした、やわらかい仕上がりになります。

省エネ

リサイクル熱なので省エネ性が高くなります。
除湿ヒーター乾燥方式(ドラム式、タテ型)

特色

冷却水で湿気を含んだ温風を除湿し、機外に排出。100℃前後の高温による熱風で衣類を乾燥します。

仕上がり

ドライヤーの熱風で乾かしたような仕上がりになります。

省エネ

上記2つに比べると乾燥時の電気使用量が多くなります。

選ぶポイント

あなたの家庭の“洗濯ライフ”は?ライフスタイルに合わせて容量や機能をチェック

基本的に、容量の大きいほうが節水・省エネ効果が高くなっています。ドラム式かタテ型か、乾燥機の活用度も重要なポイントですが、ドラム式は腰をかがめて洗濯物を出し入れするので、ラクな姿勢で使えるタテ型も根強く支持されています。メーカーによって静音機能、除菌・消臭機能、シワとりもできるスチームアイロン機能など、それぞれ特徴を持たせているので、ライフスタイルや志向と、ぴったり合うものを見つけましょう。

ドラム式、大容量

小さなお子さんや部活動に励む学生がいるご家庭はしっかり洗浄できる機能を備えた10kg以上の大容量タイプをおすすめします。
翌朝までに乾かさなければいけないユニフォームも、乾燥機能に優れたドラム式なら安心です!

ドラム式、抗菌・消臭機能

都心や集合住宅、外気の悪化が心配な地域にお住まいの方々には、乾燥機能に優れたドラム式がおすすめです。

ドラム式、静音機能

共働きのご夫婦や赤ちゃんのいるご家庭は低振動・低騒音設計に特化したタイプを。 集合住宅であれば45db(デシベル)以下の運転音が目安です。
※参考 60dB:一般的な会話、40dB:静かな図書館

タテ型

洗濯物が少なく、外干しを習慣にしているのならラクな姿勢で洗濯物を出し入れしやすく、価格帯も安いタテ型がおすすめです。

省エネ・節約

今すぐ実行!洗濯機の省エネ術

できるだけまとめ洗いをする

製品の定める容量以下であれば、一度に洗う量が多いほど節水、省エネにつながります。

洗濯も乾燥も、洗濯物を入れすぎない

洗濯物を入れすぎると衣類の回転が悪くなり、電気使用量が増えることになります。
洗浄力の低下や、乾燥時間を長くしないためにも気を付けましょう。

洗剤は適量を入れる

製品の定める容量に対して洗剤量が少なすぎては汚れは落ちませんが、多すぎると洗剤の溶け残り、すすぎ不足の原因になります。洗剤に表示された量で洗いましょう。

フィルターやパッキンはこまめに掃除する

洗濯乾燥機の場合、糸くずやホコリがフィルターにたまりやすいので要注意です。
目づまりは乾燥時間を長くし、電気代のムダになります。開閉扉のゴムパッキンも洗濯くずがたまりやすいので、こまめな掃除を心掛けましょう。


取材協力

エディオン 名古屋本店

家電製品のバリエーション豊かな品揃えに加え、「アップルショップ」や省エネライフを提案する「エコライフプラザ」など、専門性の高いコーナーも設けられています。
購入前や購入後に、最新家電を体感できるカルチャー教室「エディオンクラブ」では、最適な商品選びや商品活用に役立てる場として人気を集めています。

名古屋市中村区名駅南2-4-22 TEL 052-589-3500(代)
営業時間:10:00~20:00 定休日:不定休 駐車場:403台収容(無料)
http://www.edion.com

本コラムは中部電力のWEB会員サイト『カテエネ』で掲載したコラムをアレンジしてお届けしています。
カテエネ』では、「家電製品の省エネに関する素朴な疑問にお答えするコラム」など、
他にも暮らしに役立つ情報がたくさん!

おトクな情報満載の『カテエネ』もチェック!
このページのトップへ