閉じる

初回31日間無料

会員プランお申込み

チラシなどに記載されている申込コードを
お持ちの方は入力してください。

入力されたコードが間違っています。再度入力してください。


トップ > コラム > 理想の家電の見つけ方(空気清浄機)

省エネ

2017年2月28日

理想の家電の見つけ方(空気清浄機)

家電トレンド

空気中には、目に見えない汚れが浮遊している

ハウスダストには、フケや垢、ホコリ、カビ、細菌、タバコの煙など、さまざまなものがあり、空気中をふわふわと舞っています。これらは体内に入ると、アレルギー症状やぜんそくを引き起こす要因になるとされています。
最近では、排気ガスなどから発生する微粒子が2.5μm以下のPM2.5も問題視され、特に高齢の方やお子さま、呼吸器系・循環器系の病気を持つ方は注意が必要です。

こうした空気中の汚れをろ過して取り除く空気清浄機は、環境に敏感な生活志向と相まって年々需要が高まっています。

<室内に浮遊するさまざまな汚れ>

フィルターが進化し、ニオイやPM2.5をキャッチする空気清浄機が登場

最新の空気清浄機は、プレフィルター、脱臭フィルター、HEPA(ヘパ)フィルターの3層構造が主流です。異なるフィルターを併用することで、花粉やPM2.5、ニオイまでしっかりキャッチすることができます。
プレフィルターは掃除機でホコリを吸い取るなどお手入れが簡単なものが登場。脱臭フィルターとHEPAフィルターは、以前は3年~5年で交換が必要でしたが、最近は10年間交換不要タイプが増えています(注)。また自動掃除機能つきも人気です。
(注)使う環境によって10年以内に交換が必要な場合もあります。各種フィルターはメーカーが別売しているので、詳しくはメーカーにご確認ください。

<フィルターの3層構造>

(注)フィルターの並び順はメーカーによって異なります
1.プレフィルター

ホコリやカビをキャッチ。機種によっては抗菌や除菌加工が施されている。

2.脱臭フィルター

活性炭などの脱臭触媒を使ったフィルターでニオイのもとを吸着。

3.HEPAフィルター

0.3μmの微粒子を99.97%以上(注)集塵できる蛇腹状のフィルター。
PM2.5にも対応。
(注)99.97%以上/フィルターの除去性能であり、部屋全体の除去性能とは異なる

空気清浄機売り場

HEPA(ヘパ)フィルターとは

「High Efficiency Particulate Air Filter」の略で、日本語では「高性能エアフィルター」とも呼ばれる。クリーンルームなどの換気装置用に使われているほか、家電では空気清浄機に多く搭載されている。

空気をきれいにするだけではない、プラスαのうれしい機能

空気清浄機のトレンドは、集塵や脱臭に加えて、加湿機能も搭載した1台3役タイプです。冬場は暖房器具であたたまった室内の空気をきれいにしながら、加湿機能で乾燥を防ぎます。
空気を加湿すると体感温度が1~2℃上がるため節電にもつながります。また加湿器と空気清浄機を別々に置かなくて済む分、省スペースにもつながります。
その他、人や光に反応して自動オフになるセンサー機能、インテリア性を重視したスリムなデザインなども登場しています。

さまざまな加湿用タンク

選ぶポイント

使用目的にぴったりの機能を搭載した空気清浄機を選びましょう

ひと口に空気清浄機と言っても、空気清浄だけに特化したタイプから、加湿機能などをプラスしたタイプまでさまざまです。
シーンや目的に合った機種を選び、快適な室内環境をキープしましょう。

タイプ1 ウイルスや細菌の対策をしたい

小さなお子さまや受験生、高齢の方がいるご家庭には、ウイルス・カビ・細菌の抑制効果が高いHEPAフィルターつきがおすすめです。

タイプ2 空気を浄化しながら乾燥も防ぎたい

冬は空気が乾燥します。加湿機能がついた空気清浄機は1台で2役を兼ね、省スペースにもなります。また、肌の乾燥やノドの痛みを防ぎます。

タイプ3 デスク周辺や車内など限られた空間をきれいにしたい

会社のデスクや自家用車など、パーソナルな空間をきれいにしたい場合、空気清浄だけの単機能タイプで、しかも持ち運びできるコンパクトサイズがおすすめです。

タイプ4 お手入れの手間を省きたい

「空気清浄機はフィルター掃除が面倒」という方には、10年間交換不要の脱臭フィルターやHEPAフィルターを搭載した機種が手間もかからず便利です。

省エネ・節約

今すぐ実行! 空気清浄機の省エネ術

<空気清浄機をお使いの方>

人が不在の部屋はスイッチを消す

空気清浄機は必要なときだけつけ、人がいない部屋のスイッチは切りましょう。センサーつきのタイプは自動でオフになるので便利です。

フィルターをこまめに掃除する

フィルターにホコリがたまると目づまりのもとになり、余分な電気の使用につながるだけでなく、吸引力が落ちて空気の浄化率を下げます。プレフィルターは掃除機などでこまめにお手入れしましょう。

置き場所を工夫する

吹き出し口の方向に障害物があると、空気循環が悪くなります。部屋の入口やエアコン、換気扇から離れたところに空気清浄機を置くと、風の流れが空気の循環を助けて省エネにつながります。

<空気清浄機を使われていない方>

部屋の掃除は、朝一番におこなう

人が動くたびにホコリは空気中に舞うので、家族が活動を始める前の朝一番に掃除をすると、室内のホコリを効率よく取り除くことができます。

エアコンや掃除機のフィルターもこまめに掃除する

フィルターにホコリがたまると目づまりのもとになり、余分な電気の使用につながるだけでなく、部屋全体にホコリをまき散らします。定期的な掃除を心がけましょう。


取材協力

エディオン 名古屋本店

家電製品の豊富な品揃えはもちろん、専門性の高いコーナーも設けられたマルチな家電量販店です。どの売場も専任スタッフがお客さまのご要望に丁寧に対応します。また、最新家電を体感できるカルチャー教室「エディオンクラブ」では、購入前の参考にしたり、購入後に使い方をマスターできたりと、商品活用に大いに役立ちます。エアコンは配達、設置からメンテナンスまでお買い上げ後もしっかりサポート。エアコンクリーニングも任せて安心です。

名古屋市中村区名駅南2-4-22 TEL 052-589-3500(代)
営業時間:10:00~20:00 定休日:不定休 駐車場:403台収容(無料)
http://www.edion.com

本コラムは中部電力のWEB会員サイト『カテエネ』で掲載したコラムをアレンジしてお届けしています。
カテエネ』では、「家電製品の省エネに関する素朴な疑問にお答えするコラム」など、
他にも暮らしに役立つ情報がたくさん!

おトクな情報満載の『カテエネ』もチェック!
このページのトップへ