閉じる

初回31日間無料

会員プランお申込み

チラシなどに記載されている申込コードを
お持ちの方は入力してください。

入力されたコードが間違っています。再度入力してください。


トップ > コラム > 理想の家電の見つけ方(オーブンレンジ)

省エネ

2016年9月1日

理想の家電の見つけ方(オーブンレンジ)

電子レンジの普及率は96%で(注)、「一家に一台」が当たり前の生活必需品となりました。最近では、電子レンジにオーブン機能を追加したオーブンレンジが人気で、焼く、煮る、蒸すといった調理がスイッチひとつで簡単にできるようになっています。ご家庭にぴったりの一台を見つけ、いつもの料理をより美味しく、より簡単に仕上げましょう!
(注)2014年全国消費実態調査(総務省)

家電トレンド

オーブン機能とレンジ機能、うまく使いこなしていますか?

オーブンレンジとは、マイクロ波を使って食品を加熱する電子レンジと、ヒーター熱によって食品を焼くオーブンを兼ね備えた家電製品のことです。電子レンジのあたため機能はより進化し、オーブンはスチームやグリル、コンベクション(注)などを組み合わせることで調理の幅をどんどん広げています。メニューに合わせた機能を上手に活用すれば、いつもの料理がさらに美味しくできあがります。また、上位機種の中には、全自動で本格的に調理できるメニューを数百種類揃えているものもあります。
(注)ファンなどで対流を起こし熱を循環させる

<オーブンレンジに搭載されている主な機能>

電子レンジ

あたためるだけのシンプルな機能
例)お弁当のあたため、解凍、お酒の燗など

オーブン

焼く、煮る、蒸す、揚げるなどの調理機能

グリル

フライパンで焼いたような焦げ目をつけながら、こんがりと焼きあげる。両面焼きが可能なタイプもある。
例)焼き魚、ハンバーグ、ローストビーフなど

スチーム

給水タンクなどに水を入れ、庫内に蒸気(スチーム)を発生させることで、蒸し器のようにふっくらとした蒸し調理ができる。
例)しゅうまい、あさりの酒蒸し、白身魚の姿蒸しなど

過熱水蒸気

スチームを100℃以上に高めた「過熱水蒸気」は、食品の中心部まで一気に熱が伝わるため、余分な脂や塩分を落としつつ、うまみ成分の流出を抑え、美味しさを最大限に引き出す。
例)鶏のハーブ焼き、エビフライなど

コンベクション

ファンで熱風を対流させる機能によってノンフライ調理を可能にしている。庫内のすみずみまで熱風が行きわたるため、焼きムラも抑える。
例)パン、ピザ、スポンジケーキなど

時短調理や簡単なお手入れで、家事をもっと楽しく

オーブンレンジは、機能が充実しているだけでなく、時短調理が得意です。例えば、赤外線センサーで食品の表面温度を検知し、効率よくあたためることができる機種や、上段で焼き物、下段で蒸し物というように、上下で異なる調理を同時にできる機種もあります。

かつては不可欠だったターンテーブルですが、今ではフラットテーブルが主流です。ターンテーブルがないため庫内を広く使うことができ、お手入れもラクになっています。さらに、スチームを噴射して庫内の汚れを浮かせるなど、お手入れ機能も進化しています。

選ぶポイント

調理で重視することを見極め、必要な機能を選ぶ

オーブンレンジの機能は驚くほど多種多様です。「どんな料理を作りたいか」「調理に求めることは何か」など、家族のライフスタイルを踏まえながら重視したいことを見極め、必要な機能を選びましょう。ぴったりのオーブンレンジを使うことで調理がスムーズになるだけでなく、時短調理によって節約・節電にもつながります。

<使用目的別、おすすめのオーブンレンジの機能>

タイプ1 時間はかけられないが、料理の品数にこだわりたい

上下2段で異なる調理が同時にできる

料理によってさまざまな鍋を使い分けたい方は、オールメタル対応がおすすめです。新たに鍋を買い替えることなく、手持ちの鍋が使えます。

タイプ2 ヘルシーメニューを増やしたい

過熱水蒸気で油を使わずに調理できる

食材のうまみを損なうことなく、油を使わずにヘルシーに焼きあげ、ノンフライ調理もできる過熱水蒸気は、ヘルシー志向のご家庭におすすめです。

タイプ3 パンやスイーツを上手に作りたい

高火力でムラなく焼き上げる

コンベクションと高火力を兼ね備えた機種なら、パンやスポンジケーキをふっくらと焼きあげ、ピザやハンバーグも本格的な仕上がりを楽しめます。

タイプ4 料理は少ない品数でよい

容量20Lクラスのコンパクトタイプ

一度にたくさん調理をする必要がないご家庭には、20Lクラスのコンパクトタイプがおすすめです。

省エネ・節約

今すぐ実行! オーブンレンジ・電子レンジの省エネ術

食品を軽い器に入れてあたためる

電子レンジはトレイに置いた食品と器の重量で加熱時間を設定します。重い器を使うと加熱しすぎの原因になるだけでなく、電気使用量も増えます。

調理の際、野菜の下ごしらえに電子レンジを活用する

煮込み料理の野菜は、電子レンジで加熱してから鍋に入れたほうが、光熱費の節約になります。煮崩れも少ないようです。
例)根菜100g(ジャガイモ、サトイモ)の場合、1Lの水(27℃程度)に入れ沸騰させて煮るとガス代は年間約1,310円。これに対して、電子レンジで下ごしらえすると480円で、年間約830円の節約になります。

あたためは設定時間を守る

過剰なあたためは電気使用量が増えるだけでなく、食品の味が落ちてしまいます。付属の説明書などを参考に、加熱時間を設定しましょう。

使用しないときはコンセントを抜く

コンセントを抜くことによって待機電気使用量を節電することができます。 ※コンセントを入れたままでも自動で電源を切る「待機電気使用量ゼロ」の機種もあります。


取材協力

エディオン 名古屋本店

家電製品の豊富な品揃えはもちろん、専門性の高いコーナーも設けられたオールマイティーな家電量販店です。購入した家電製品の使い方をマスターしたり、購入前に試したい方に、最新家電を使ったカルチャー教室「エディオンクラブ」を開催しています。どの売場も専任スタッフがお客さまのご要望に丁寧に対応します。

名古屋市中村区名駅南2-4-22 TEL 052-589-3500(代)
営業時間:10:00~20:00 定休日:不定休 駐車場:403台収容(無料)
http://www.edion.com

本コラムは中部電力のWEB会員サイト『カテエネ』で掲載したコラムをアレンジしてお届けしています。
『カテエネ』では、「家電製品の省エネに関する素朴な疑問にお答えするコラム」など、他にも暮らしに役立つ情報がたくさん!

おトクな情報満載の『カテエネ』もチェック!
https://katene.chuden.jp/
このページのトップへ