閉じる

初回31日間無料

会員プランお申込み

チラシなどに記載されている申込コードを
お持ちの方は入力してください。

入力されたコードが間違っています。再度入力してください。


トップ > コラム > 理想の家電の見つけ方(食器洗い乾燥機)

省エネ

2016年7月13日

理想の家電の見つけ方(食器洗い乾燥機)

洗浄力や節水、家事の省力化という点で、年々普及率が高まっている食器洗い乾燥機。中でも節水効果はめざましく、手洗いと比べて約85%、10年前のモデルと比較しても約53%の節水を実現しています。設置する際の条件なども含めて、自宅にぴったりの1台を見つけましょう。

家電トレンド

節水効果が魅力。キッチンと一体型のビルトインタイプが主流

少ない水を効率よく循環させる食器洗い乾燥機は、手洗いに対して大幅な節水を実現します。年々、節水率は上がり、最新機種の1回あたりの使用水量は約10L。同量の食器を手洗いする場合、約68Lの水が必要と考えると約85%も節水でき、その差は歴然です。主流はシステムキッチンのシンク下などに取りつけるビルトインタイプで、見た目がスッキリするうえ、短い動線で食器を出し入れできるのも魅力です。新築や引っ越しをきっかけに購入したり、最近は長年使っていた食器洗い乾燥機を買い替えたりするケースも少なくありません。
ビルトインタイプの設置が難しい賃貸住宅や少人数家庭には、手軽に設置できる卓上タイプが「プチ食洗」として根強い人気を集めています。

節水効果が魅力。キッチンと一体型のビルトインタイプが主流


ビルトインタイプ

卓上タイプ

最新食器洗い乾燥機(ビルトインタイプ)は、手洗いと比べて、大幅な節水を実現します。

最新食器洗い乾燥機(ビルトインタイプ)は、手洗いと比べて、大幅な節水を実現します。

引き出し式でより使いやすく。洗浄力、除菌効果もアップ!

ビルトインタイプの食器洗い乾燥機は、「引き出し式」が主流です。立ったまま食器をスムーズに出し入れできるので腰への負担も少なくなっています。

さらに、密閉度も向上し、最新機種の運転音は40~41db。これは図書館レベルの静けさに相当します。また、引き出し内のカゴや仕切り網が稼働式になり、調理器具などの大物もラクにセットできるなど、各メーカーは細やかな工夫をしています。洗浄は、回転式ノズルで水を噴射するスタイルが主流です。洗浄、すすぎ、乾燥までのプロセスを60~80℃の高温でおこないます。手洗いでは不可能な温度で、油汚れがすっきり落ちてピカピカに仕上がるだけでなく、除菌効果が高く、衛生面でも力を発揮します。その一方、最近では低温コースも加わり、お弁当箱などのプラスチック容器も洗浄できるなど、洗える対象が広がっています。

※クリスタルガラス、漆、銀、金箔塗りの食器は使用できません

引き出し式
立ったままラクに出し入れできるので腰への負担が少ない

カゴや仕切り網は可動式

2段ノズルで洗浄力をすみずみまで行きわたらせる

キッチンのレイアウトはそのままで、ビルトインタイプを設置するプチリフォーム!

ビルトインタイプを取りつけるには、キッチンを丸ごと取り替える必要があると思われている方もいます。しかし、条件さえ合えば、キッチンの収納スペースの一部を食器洗い乾燥機に取り替えたり、古くなった食器洗い乾燥機を新しいものに交換したりと、簡単にプチリフォームすることができます。交換なら工事はわずか3時間程度。工事費は製品価格に含まれているケースも多いので、家電量販店などで尋ねてみましょう。

(注)ビルトインタイプは機種・設置状況によって、給排水管、電源等の変更工事や別途部材手配が必要な場合があります。卓上タイプは、分岐水栓の取りつけが必要です。水栓の仕様によって、取りつけ、取り外しに専用工具が必要な場合もあります。
詳しくは家電量販店などにお尋ねください。

選ぶポイント

家族構成と設置場所、ライフスタイルで容量を決める

ビルトインタイプは幅45cmが基本的なサイズです。取り替えの場合は奥行き60cm、後づけの場合は奥行き65cmのスペースが必要となるなど、いくつかの条件があります。また卓上タイプも、給水・排水に関する条件があり、購入時にはきちんと確認をしましょう。

あなたはどっち派?

  ビルトインタイプ 卓上タイプ
設置場所 キッチンカウンターの下やシンク下などに組み込む シンクの上やキッチンカウンターの空きスペースに据え置きする
特徴 キッチンに組み込む(ビルトイン)ため、見た目がスッキリして、家事動線もスムーズ 置き台や設置脚などを利用すれば、コンパクトなカウンター上などにも設置できる
収納容量の目安
※食器点数
浅型の場合 約35~40点(5~6人分) 少人数向けの場合 約18点(2~3人分)
価格
※エディオン様店頭価格
94,800円~175,000円
税別価格、工事費別
49,800円~74,800円
税別価格、工事費別
対象 組み込み工事が必要なので、持ち家など改修可能なご家庭向き 手軽に設置や取り外しができるので、賃貸物件や引っ越しの多いご家庭向き
設置の条件 ●取り替える場合
・天板の奥行きが60cm以上
・既存の幅が45cmまたは60cm
●後づけする場合
・天板の奥行きが65cm以上
・天板下にキャビネットスペースがあり、  食器洗い乾燥機の幅と同じ
・水栓(蛇口)の近い場所で給排水でき、分岐水栓が取りつけられる
・本体と壁の間に0.5cm以上のスペースがある
・コンセントが近くにある

(注)メーカーによって条件は異なります

引き出し式は2種類の深さから選ぶ

引き出し式の食器洗い乾燥機は、下部に収納スペースを確保できる浅型(ミドル)と、収納スペースのない深型(ディープ型)に分かれ、庫内の容積も異なります。食器洗い乾燥機は一度購入すれば10年間は使うことができるので、10年先の家族計画も考慮して選びましょう。

浅型(ミドル型)
深型より高さを約10cm低く設定し、下部に収納引き出しを付属庫内容積は約40L、家族5人分・約40点の食器の洗浄が可能

深型(ディープ型)
キッチンの高さをフル活用
庫内容積は約60L、家族6人分・約44点の食器の洗浄が可能

卓上タイプは、事前に設置場所を確認しましょう

節電・節約

今すぐ実行! 食器洗い乾燥機の省エネ術

1)油汚れが気になるときは、汚れを拭き取ってから洗う

食器を洗う前に、頑固な汚れはヘラや新聞紙などで拭き取っておくと、水の量をかなり節約することができます。

2)汚れがこびりつかないよう、つけ置きしてから洗う

こびりつくような汚れは、ぬるま湯をはった洗い桶につけ置きし(菌の増殖を防ぐため長時間放置しないでください)、汚れを浮かした後、「スピーディ」や「さっと」コースなどを選択するのがおすすめです。

<食器洗い乾燥機をお使いの方へ>

3)食器洗い乾燥機を使うときは、できるだけまとめ洗いにする

少しずつ、数回に分けて食器洗い乾燥機を使用するより、一度に洗う量が多いほど、節水・節約になります。

4)庫内の掃除をこまめにおこなう

庫内の底にあるネット部分は小さな食べカスがたまる場所。放置しておくと洗浄力の衰えや故障につながります。パッキンのふきそうじと合わせて、こまめに取り除きましょう。


取材協力

エディオン 名古屋本店

家電製品の豊富な品揃えはもちろん、専門性の高いコーナーも設けられたマルチな家電量販店。館内には、最新家電を体感できるカルチャー教室「エディオンクラブ」もあり、購入前の家電のデモンストレーションや、購入後に使い方をマスターすることも可能です。紹介したビルトインタイプの食器洗い乾燥機については、工事費もセットになった「ぷちde リフォ」を提案しています。また、エディオンプライベートブランド商品「クオル」も注目です。
エディオン ウェブサイトはコチラ
http://www.edion.com

本コラムは中部電力のWEB会員サイト「カテエネ」で掲載したコラムをアレンジしてお届けしています。
「カテエネ」では、他にも暮らしに役立つ情報がたくさん!
https://katene.chuden.jp/
このページのトップへ