閉じる

初回31日間無料

会員プランお申込み

チラシなどに記載されている申込コードを
お持ちの方は入力してください。

入力されたコードが間違っています。再度入力してください。



トップ > コラム > 食べ物落としたときの3秒ルールは有効!?

家事

2017年04月13日

食べ物落としたときの3秒ルールは有効!?

食べ物を落とした時、3秒以内で拾えばセーフ!? よく耳にする“3秒ルール”をアメリカの研究チームがマジメに検証したようです。(ちなみにアメリカでは5秒ルールが一般的なんだとか) その結果は、というと……

写真①
3秒ルールの信憑性を探る

手元が狂って口に入れようとした食べ物が床にぽろり。こんな時に多用される「3秒ルール」ですが、実際このルールが適用された(つまり落としちゃったけどすぐ拾った)食べ物は本当に安全なのでしょうか――?

このルールの信憑性を徹底検証したアメリカの研究があります。2016年9月2日、米国微生物学会誌「Applied and Environmental Microbiology」オンライン版に掲載されました。

1秒未満でも危ない?

米ラトガース大学のドナルド・シャフナー博士とロビン・ミランダ博士は、"ルール"を検証するため(ちなみにアメリカでは5秒ルールが一般的)、「スイカ」「パン」「バター」「グミキャンディ」の4つの食品を、「ステンレス」「セラミックのタイル」「木材」「カーペット」の4種の素材の床に落とし、どの程度細菌に汚染されるのかを分析しました。

床には「エンテロバクター・アエロゲネス」というサルモネラ菌の近縁種を塗布し、4センチ角にカットした食品が「1秒未満」「5秒」「30秒」「300秒」接触した場合の、2560パターンを計測しました。

その結果、床との接触時間が長いほど移行した細菌は多かったけれど、1秒未満でも移行は起きていたことが分かりました。つまり、「落とした瞬間拾い上げても、すでに食べ物は汚染されている」ということ。

さらに、細菌は水分を媒介するので、食品の水分量が多ければ多いほど移行率はぐんぐん高くなります。例えば、グミは「0.1~62%」だったのに、バターやパンは「0.02~82%」、スイカとなると「0.2~98%」も細菌に汚染されていたのです。

落とすならタイルよりカーペットの上に


写真②

ちなみに床材ごとの違いでは、タイルやステンレスよりもカーペットのほうが汚染は少なく、木材ではばらつきがあったそうです。カーペットがマシというのは、個人的には意外でした。我が家のカーペットだと違う結果になりそうな気がします......。

みなさんはこの結果をどう受け止めますか? 3秒ルールを頻繁に使ってきた記者としては、かなりショックでした。

が、しかし、記者や家族がそのせいで腹痛を起こしたこともなく、今のところ健康なのを見ると、人間の免疫力は意外と強いのかもしれません。

でも、過信は危険。高をくくっているとそのうち痛い目に合いそうです。


記事提供
東京バーゲンマニア


カーペットが最も細菌に汚染されにくいというのは意外でしたね。
しかし、食べ物を落としてカーペットに汚れやシミができると、ダニの温床となりやすいため注意が必要です。
「え、カーペットなんてどう洗えばいいのかわからない……」 という方!
是非dリビングの『カーペットクリーニング』をご利用ください。
素材にあった方法で頑固な汚れやシミを除去することで、ダニの発生を抑制します。
またカーペットは敷き詰めたままクリーニングを行うので、家具を動かしたり、片付けたりする手間もかかりません。
さらに、dリビング会員になると通常価格(JBR社通常価格)の30%OFFでご利用いただけます。

毎日使うものだから定期的にお掃除をして、いつでも清潔な状態を保ちましょう。







このページのトップへ