閉じる

初回31日間無料

会員プランお申込み

チラシなどに記載されている申込コードを
お持ちの方は入力してください。

入力されたコードが間違っています。再度入力してください。


トップ > コラム > 掃除のプロに聞いた! 自分でできるエアコン掃除の方法

家事

2015年12月22日

掃除のプロに聞いた!
 自分でできるエアコン掃除の方法

今年も残すところあとわずかとなり、仕事や家事などで毎日バタバタと慌ただしく過ごしている人も多いでしょう。年末になると、家族総出で大掃除をするご家庭も多いと思いますが、エアコンの掃除も自分でするべきなのでしょうか?

ホームセンターなどで購入できるスプレータイプのエアコン洗浄剤は、エアコンの室内機内部にスプレーするだけで、熱交換器を掃除することができる便利グッズ。…ですが、今夏は、同商品を使用したために、室内機が発火するという事故が増加していることも話題となりました。とはいえ、熱交換器に詰まったカビやホコリを取り除くことは、節電対策にもなり、キレイな空気が送風されるようになるため、エアコン掃除は大掃除の際に必ず行っておきたい項目のひとつ。

写真①

では、個人でエアコン掃除をする場合はどのようにすればいいのか、ハウスクリーニングのプロフェッショナル、株式会社ダスキンの冨田悦弘さんに話を伺いました。

エアコンの内部掃除は専門知識が必要!

「室内機のフィルターはこまめに洗い、外装パネルや吹き出し口は、中性洗剤で拭き、そのあとは水拭きと乾拭きをしてください」(株式会社ダスキン 冨田悦弘さん 以下同)

とのこと。また、エアコン掃除をする際は、必ず取扱説明書で使用上の注意を確認したほうがいいそうです。また、最近では重曹やクエン酸などを使った掃除術が話題になることがありますが、これらはエアコン掃除にも有効なのでしょうか?

「室内機の外装を拭く際に使用する洗剤は中性洗剤を用います。熱交換器の掃除は、専門の資器材や知識、技術が必要なのでオススメできません」

ちなみに、室外機の掃除について伺ったところ、「エアコンは室内機で取り込んだ空気を冷やしたり温めたりして、室内の温度を調整するのですが、室外機は銅管内の冷媒を通じて熱交換をしているだけで、空気の交換は行っていません。つまり、室内の空気質の改善が目的であれば、室内機の掃除のみで十分です。掃除が省エネ目的であれば、室外機を掃除することも有効なので、個人の場合は、室外機周りの雑草を抜いて、風通しをよくしたり、室外機表面のゴミなどを取り除いたりするといいでしょう」

エアコンは室内機・室外機ともに、個人で掃除する場合は内部には手をつけないほうがよさそうです。内部まで掃除したい場合は、ハウスクリーニングやエアコンメーカーなど、専門業者などに相談するといいかもしれません。


取材協力

株式会社ダスキン

1963年の創業以来、ご家庭の様々なお困りごとに役立つ商品・サービスを開発。1989年に家事代行業「メリーメイド」を開始。お掃除サービスをはじめ、収納サービスなど心のこもったサービスを提供中。

株式会社ダスキンウェブサイトはコチラ
https://www.duskin.jp/




このページのトップへ