閉じる

初回31日間無料

会員プランお申込み

チラシなどに記載されている申込コードを
お持ちの方は入力してください。

入力されたコードが間違っています。再度入力してください。


トップ > コラム > 衣替えシーズン おかたづけアドバイザーによる収納アドバイス

家事

2015年12月10日

衣替えシーズン おかたづけアドバイザーによる収納アドバイス

いよいよ冬本格シーズンの到来。そろそろ昨年、収納したコートやダウンジャケットを取り出そうというご家庭も少なくないのでは? 衣替えは出すは易し、しまうは難し。 昨年きちんと収納したつもりが、今年取り出してみたらシミがついていたり、穴が開いてしまっていたりすることもしばしば。また、春・夏衣類が増えすぎてしまい、収納しきれないなんてことも…。 どうしたら衣替え上手になれるのでしょう? 株式会社ダスキン クリーン・ケア営業本部 運営部 今川恵美子さんに、そのポイントを聞きました。

写真①


「収納の前に、まずは全体の量を把握しましょう。1カ所に集めてみると、黒いセーターを10枚持っていることに気づくこともあります。また、いるモノ・いらないモノに分類する時に『高価だったから』 『まだ使えるから』といった理由でとっておくのではなく『今の自分に必要か』というように、モノを持つ基準を考えると、モノを減らす決心がつきやすいですよ」(今川さん)

思い出の品やプレゼントなど、今の自分に必要でなくても残しておきたいものは別の場所に収納するとよいです。また、必要・そうでないかの判断に迷うモノは期限をつけ、その期限が来たら、 もう一度判断するなど、物を捨てられない人は、まずルールを作ることが肝心とも今川さんは続けます。そのほか、デザインなど流行に合わない場合は、リフォームに出して有効活用することもオススメ だといいます。

収納する服が決まったら、収納前にしておくべきは、クリーニング。しかし、すべてクリーニングに出すとなると費用もかさんでしまいます。忙しい方の場合は、大量の洋服をクリーニングに出す 時間がないこともあるでしょう。

「衣類の絵表示を確認して、家庭で洗濯可能な衣類の場合、洗濯でも十分です。汚れやシミがあるものについては事前に"塗布洗い""つけ置き洗い"をしていただくことをお勧めします。家庭で洗濯 したのち収納する場合、衣類にカビを発生させないように収納する、という点に気をつけてください」

塗布洗いとは、ワイシャツの衿や袖口など、液体洗剤や塗布専用洗剤を汚れに塗って洗濯する方法。つけ置き洗いとは、30~40度のお湯に酵素入りの洗剤を溶かして1時間程度衣類を浸けておく方法。 酵素の働きで、タンパク質や脂質を分解し、汚れが効果的に落ちるそうです。ただし、ウール入りは酵素入りの洗剤を使用すると生地が弱る可能性があるため、注意が必要とのこと。

取り出しやすい収納方法、そのポイントは

クリーニングが済み、いざ収納を始めて見ると、以前は収納できていたはずなのに、なぜか入らなくなる。衣替えの際、取り出したい服が、どこにあるかわからなくなる。そんな経験はよくありますが、 これらは収納方法に気を配るだけで回避できるそう。

「まず季節ごとに分類し、次にアイテムごとに分類します。さらに、使用頻度によって分類した後、吊るす・たたんで棚に置く、引き出しに入れるなど衣類にあった収納方法別で分けます。収納する衣類は、 収納スペースより少なめにしておくことがポイントです。たたんで収納する場合は、たたみ方も重要。厚みがでないように四角く、引き出しや棚などのスペースにあわせ、できるだけ同じ大きさにたたむと、 出し入れしやすくなりますよ。衣装ケースは、よく着るものは蓋付きのものではなく引き出し式のケースに入れたほうが便利です。ただし引き出し式は胸の位置より高く積み上げるととり出しにくくなります」

ちなみに、バッグや帽子など、型崩れさせたくないものに関しては、たとう紙や半紙のようなやわらかい紙を丸めて入れておくことで型崩れしにくくなるそう。バッグは寝かせたり箱に入れるよりも、 ブックエンドやコの字型スタンドを使って立てておくと、見やすく出し入れもしやすくなるといいます。収納するものによって収納方法をひと工夫することが、後々の見つけやすさや取り出しやすさに つながるのですね。

「良い収納とは、物を適所に使いやすく納めること」だと今川さん。無理やりギュウギュウに詰めてしまう前に、取り出すときのことを一考して。ゆとりをもって収納することを心掛けたいものですね!


取材協力

株式会社ダスキン

1963年の創業以来、ご家庭の様々なお困りごとに役立つ商品・サービスを開発。1989年に家事代行業「メリーメイド」を開始。お掃除サービスをはじめ、収納サービスなど心のこもったサービスを提供中。

株式会社ダスキンウェブサイトはコチラ
https://www.duskin.jp/




このページのトップへ