閉じる

初回31日間無料

会員プランお申込み

チラシなどに記載されている申込コードを
お持ちの方は入力してください。

入力されたコードが間違っています。再度入力してください。



トップ > コラム > 今季は寒冬の予報!寒さ対策の大本命『住まいの防寒対策』教えます!

生活

2016年11月29日

今季は寒冬の予報!寒さ対策の大本命『住まいの防寒対策』教えます!

今年も早いもので残り一カ月、あと数日で師走です。日本各地では初雪が観測されるなど、いよいよ暖房器具が欠かせない時期になりました。冬場の暖房費節約はどのご家庭でも課題かと思われますが、家族の時間も増える時期、快適で過ごしやすくお財布にも優しい環境を整えたいですね。そこで寒冬に備えるべく防寒対策をご紹介します。

写真①

防寒の基本!冷たい外気を徹底的にシャットアウト

どんなにお部屋を暖房で温めても外気の侵入を防がないと意味がありません。見逃されがちなのはドアや窓から侵入する外気の対策です。外気をシャットアウトする効果的な対策方法について、住宅診断を提供している株式会社さくら事務所のホームインスペクター(住宅診断士)が、冬支度の対策として下記3つの方法を公開しています。


①冬用のカーテンに替える

カーテンは、冬の間だけでも冷気を通しにくい厚めで空気を含んでいる素材がおススメです。床まで裾がつく長さのものに替えると、隙間風も防げます。また、カーテンの色はクールダウンさせる寒色系ではなく、温かさを演出してくれる暖色系にすると、視覚的にも寒さを和らげてくれます。


②インナーサッシを取り付ける

室内用の窓、インナーサッシを窓際に取りつけると、冬の冷気が入りにくくなります。大規模な改装工事を伴わない場合もあるようなので、一考の価値ありです。


③窓に空気を含む素材を密着させる

インナーサッシを取り付けるのが難しい家の場合は、梱包用のプチプチ潰せる気泡入り緩衝材を窓に張りつけると、窓の内側の冷えを防げます。窓専用の遮熱シートや、断熱コーティング材(塗料など)なども市販されているので、それぞれの部屋に合わせた防寒対策を採り入れてみましょう。


さらに市販されているドアや窓を密閉するテープを利用して隙間風を抑えると、部屋で温まった空気を外へ逃がしにくくしてくれ、よりいっそう温かい住まい作りができます。

フローリングの寒さ対策には保温シートが大活躍!

冷たい空気はお部屋を暖かくしていても、下へ下へと溜まりがち。足元からブルっとくる底冷えは避けたいもの。カーペットやマットを敷いていても、なかなか寒さが凌げないお部屋は、市販されている保温シートを下にプラスして敷くだけでも、温度を保ちやすくしてくれます。畳の部屋にも効果的で、よく座る定位置などに保温シートとマットの2枚使いをすると、効率よく温度を保てます。


寒さ対策には、窓やドアなど外気と接している箇所が重要なカギとなります。『dリビング』の『緊急トラブルサポート ガラスのトラブル』では、先にご紹介したインナーサッシなどのガラス交換などにも対応しており、会員の場合は出張料・作業料が基本0円で材料費のみでたいへんおトク!です。


今冬はまず外気の侵入経路のポイントを押さえて、ご紹介した防寒対策を実践!住まいを整えたら、厚手のソックスやヒートテック素材のインナーなどを着用したりするなど、冷える隙を作らないような着こなしもお忘れなく!部屋が温まると家族の団らんも穏やかに楽しめそうですね。





このページのトップへ